社運を賭けた商品の横展開を成功させる 【波及営業戦略】のたて方セミナー

経営陣が営業現場に「売れる道筋」を照らせば、必ず組織は活性化する!

「インターネットの影響で“価格競争”に陥り、利益の出ない営業を強いられている」
「新商品が思うように売れずに、会社の未来に頭を悩ましている」
「若手営業マンの意識が低く、組織営業が停滞している」

 

いま多くの企業における「経営課題」は、営業現場に集中しています。
利益の源泉である「営業」を取り巻く環境は、めまぐるしく変化を続けており、現場の営業スタッフは如何に対応すべきか…苦慮している姿があちらこちらで見受けられます。

このような時こそ、経営陣や営業幹部が「売れる道筋」を現場に照らし、組織を引っ張ることが肝心です。

弊社は、売れなかった商品を独自の視点で見つめ直し、新商品販売や新販路開拓に最も効果を成す「波及営業戦略」ノウハウに組み込み、数々の成果を出してきました。
経営陣や営業幹部の黒子となり、現場に戦略を提示し、さまよう営業活動を一本の戦術に落とし込みながら集中させた結果です。

✔️ 3000台の在庫をたった4ヶ月で4770台の受注に成功。
この実績を皮切りに累計2万9000台の販売を達成!

✔️ 受託生産から自社ブランド商品を販売。
苦戦する新規開拓に波及営業を組み込み、3年で年商3倍を達成!

✔️ 既存市場の未来を案じ、新規事業プロジェクトを始動。
ゼロから新サービスを企画・開発し、6ヶ月間で新規5社売上1000万円以上を達成!

 

などなど、困難な状態から短期決戦で成果をあげてきています。

これは、商品の機能や性能ではなく、顧客メリットが「横展開」の成功要素になることに着眼し、そこに焦点をあわせる営業戦略を組立てることで「波及」するように商品が売れ広がる仕組みを創り上げた結果です。

本セミナーでは、様々な波及営業による「成功事例」を学びながら、自社が波及営業を取り組むためには、いかにすべきか…をじっくりと考える時間をつくる構成になっています。
ムダな営業活動に割く膨大な時間は、経営者のたった1日の思考活動によって抑止できます。
その思考活動に刺激を与えるセミナーとして、これまで387名もの経営者に共感をして頂きました。
まだ、受講したことがない方。
改めて考える時間が欲しい再受講者の方。
ぜひ、奮ってセミナーにご参加ください!

 

セミナーに申し込む

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%a2%a8%e6%99%af

受講メリット

  • 売れるまで諦めない「思考法」に触れ、突破口を見つけるチカラを養える。
  • 技術や商品を売るのではなく、顧客視点で「効用」を売り込むチカラを養える。
  • 新しい視点での「売り方」が理解でき、自社に取り入れる時間と空間に浸れる。
  • 営業マンのムダな試行錯誤を抑制させ、固定費(人件費)からキャッシュを生み出すことが早期に実現できる。
  • 新規事業、新商品の早期立ち上げ法が理解でき、自社の戦略に落とし込める。

受講をお勧めする経営者または経営幹部の方

  • 価格競争から抜け出し、良質な顧客と取引したい経営者の方
  • 下請け体質から脱却したい経営者の方
  • 次なる事業の柱が中々立ち上がらない経営者の方
  • 新商品のアイディア出しに苦しんでいる経営者の方
  • 営業マンの業績格差が著しくお困りの経営者の方

講座の概要(10:00 – 17:00)

1.営業を取り巻く環境変化と克服法

  • インターネットの浸透が営業マンの存在意義を変えた。新たな役割とは。
  • 若手社員の就労意識の変化に合わせた営業内部組織の整え方とは。
  • 異業種が攻め込む「間接競合時代」の戦い方とは。
  • 産業構造の変化が与える収益事業変化と営業のあり方

2.時代に即した営業プロセスを組立てる

  • これまでの営業手法が効かなくなった背景とは。
  • 見込客を増やすか、商談確度を上げるか。
  • 顧客の満足、問題解決を売り込む体制を創る。
  • 契約締結から逆算する「営業プロセス」の設計法とは

 3.戦略と戦術の連動性を高める事で組織活性化を狙う

  • 経営陣、営業幹部の営業における役割とは
  • 営業マンの意識改革が自然と進む「戦略」のあり方とは
  • 顧客と営業マンの心理を掌握することが売上向上に直結する

 4.売上に直結する「波及営業」戦略のたて方とは

  • 年商を3倍、7倍、10倍へと引き上げた実績をもつ「波及営業戦略」とは
  • 波及営業の効果を裏付ける3つの心理的背景とは
  • 波及営業戦略3大戦略を自社戦略に落とし込む

《戦略その1》競争せずに売上が伸びる市場を『狙う』

  • 第一ボタンをかけ違えるな
  • 自社にとって有利な戦いが出来る市場の見つけ方とは
  • 3年間鳴かず飛ばずの商品が突如、売れ始めたポジショニング戦略とは
  • 差別化困難のコモディティ商品をブランド化させる段階的市場攻略法の発想法
  • 倒産寸前?創業以来初の大赤字からV字回復させた売れる市場の見つけ方とは
  • 利益の取れる市場と貧乏暇なし市場の見極め方とは
  • ゼロ円「マーケットサイズ調査法」の実践法

《戦略その2》強い影響力をもつインパクトユーザーを『決める』

  • 一流の顧客との取引が、自社を一流に引き上げる
  • 空気を読むな、心理を読め
  • 受注の貢献度は、営業力よりも「移転効果」の方が高い
  • 業界トップを確実に受注する方法とは
  • 間違いだらけの情報収集法
  • 藤冨式 高確率提案営業法を支える4つの情報戦略とは
  • 商品ライフサイクルによって、適切な営業マンのタイプは異なる
  • 商品単価をあげたいなら、大義名分をまず挙げよ
  • 業者に成り下がるな、パートナーであれ。

《戦略その3》影響力のある販売実績を武器に『拡げる』

  • 受注は、必ず会議室で「決定」される
  • 会議室に「無言の営業マン」を潜入させよ
  • 専門家に仕事を任せきるな
  • 部分最適の集合体が、全体最適にあらず
  • ヨコ展開の成功確率を上昇させる営業の設計方法とは
  • プッシュ・プル戦略を使い分ける
  • 市場創造力は、企業生命力である

以上、3つの方向性と3大戦略の実力を実際の成功事例を交えながらマーケティングと営業技術を誘導した「営業戦略のたて方」を学んでいただきます。

 

セミナーに申し込む

 

セミナー参加者からのアンケート

    • ヒント、課題を様々な角度で頂きました。全体を見て足りる足りないの確認と補強をします。
    • 営業戦略を策定する上での考え方、実施手順、具体的な方法が非常によく理解できました。
    • 事例が分かりやすく即応用可能であることが良かった。
    • 価格競争からの脱出する糸口が掴めました。早速幹部と新市場への参入を協議してみます。
    • いわゆるサラリーマンコンサルタントではなく、叩き上げの経営者コンサルタントなので、浮つき感がなく、実務にそのまま取り込める内容でした。
    • いかに無駄な戦いをせず必要最小限で勝つ戦略を考えていましたが、自分の頭の整理ができました。
    • 幹部に聞かせたい
    • どうやって営業戦略、新商品開発を進めるべきか拠り所になる考えを頂き本当に感謝しています。
    • 単発で契約は取れても、その業種、分野(市場)の展開が上手くいっていなかった。改めて商品の強み、価値を見つけてターゲットを見極めたいと思います。本日の内容を整理して、業務の中で実践できる点から動いて行きたいと思います。
    • 顧客ニーズではなく、市場のニーズとなる自社の強みを徹底的に磨いて行きたいと思います。
    • 影響力のあるターゲットの狙うこと、挑戦者層へのアプローチが参考になりました。
    • 商品サイクルと現状分析、売り方の物語を作る、顧客の承認欲求を満たすための4つの情報収集法が参考になりました。
    • 攻めるべき市場と選定して、ターゲットを定める手法は印象に残りました。
    • 自社商品にスグに当てはまりました。自社の姿が具体的になり、これから如何にフォーカスをしているくか・・・課題が明確になりました。
    • 豊富なご自身の体験に裏打ちされたエピソードや事例、洞察に富む切り口の提示、明朗なキャラクターから発せられる熱意と親近感は、どれも信頼へとつながる大きな魅力でした。
    • 営業を楽にしてくれる最高のツールだと思う。
    • 非常にわかりやすく聴衆とのコミュニケーションも適切でスムーズ
    • 自分が行なっていた営業手法に「波及営業」のノウハウが追加され、さらに業績拡大につながっていけることを確信しております。
    • セミナーに参加者されておられる優秀な方とお知り合いになれて非常に良かった。
    • 営業手法の差別化として実績の上がるノウハウを学べました。
    • 明日からでもやってみたい内容や間違っていた方法論など学びや気づきが多かった。
    • 実際の体験談が多いため、実践に落とし込みやすい。
    • 実例を出して説明頂けるのはわかり易かったです。
    • 顧客ピラミッドにおけるテストユーザーの位置と攻め方は非常に参考になりました。
    • イノベータ、アーリーアダプターの認識について今まで間違っており、合点がいきました。
    • 普及学のグラフと商品カテゴリの部分が特に役立ちました。
    • 売る商品のレベルが違うこと。高額なものと小額なものでは全く違うことがわかった。
    • 最大手を無視して営業をし始めるとへそを曲げるというくだり(笑)攻め方もロジカルでわかり易かった。
    • 普及学の話がとても参考になりました。弊社にとってのヘッドピンのイメージを明確にしたい。
    • 波及営業の手法は、自分の営業に応用できそう。アプローチする際にターゲット、強みを明確にすることが課題。
    • 波及営業の手法は、自分の営業に応用できそう。アプローチする際にターゲット、強みを明確にすることが課題。
    • ステージ毎に顧客層が違うように、顧客層毎に提案手法が違うことが参考になりました。強みを掘り起こす4要素を明確にします。
    • 波及営業の手法は、自分の営業に応用できそう。アプローチする際にターゲット、強みを明確にすることが課題。
    • イノベーター、アーリーアダプターは外部性、マジョリティー~は内部性の要因を重視する点が参考になりました。
    • 波及営業の手法は、自分の営業に応用できそう。アプローチする際にターゲット、強みを明確にすることが課題。
    • ヘッドピンを捉えているが、必ずヘッドピンから狙うわけではなく、2番手のイノベーターを攻めるといった点は、参考になりました。自社の圧勝できる市場の創出が課題です。

これまでご参加頂いた企業の業種

・無線機製造業 ・セキュリティ機器製造業 ・健康機器製造業 ・輸送機器製造業 ・電器製品製造業 ・宝飾品製造業 ・ 飲料製造業 ・ POSソフトウェアメーカー ・建材メーカー ・空調機器製造業 ・印刷会社 ・IT受託開発会社 ・広告素材卸売業 ・半導体信頼性試験評価装置メーカー ・印刷紙器製造業 ・調湿装置製造業 ・部品加工業 ・食品メーカー ・溶接機製造業 ・化粧品メーカー ・サプリメントメーカー・ソフトウェア開発業 ・生産設備製造業  ・保険会社 ・事務機器メーカー  食器メーカー ・文具メーカー ・釣り具メーカー ・楽器メーカー 介護用品メーカー ・真空管製造業 ・微細管製造業 ・配管清掃器具メーカー ・倉庫業 ・雑誌社 ・寝具メーカー ・神棚製造業 ・玩具メーカー ・… 他多数

セミナー開催実績

第1回目 :  2012年  8月22日 開催   第 2回目 :  2012年  9月22日 開催    第3回目 :    2012年10月13日 開催     第   4回目 : 2012年11月15日 開催
第5回目 :    2013年  1月17日 開催       第   6回目 : 2013年  2月  6日 開催
第7回目 :    2013年  3月  8日 開催       第   8回目 : 2013年  4月  5日 開催
第9回目 :    2013年  5月23日 開催       第10回目 : 2013年  6月21日 開催
第11回目 : 2013年  7月17日 開催       第12回目 : 2013年  8月21日 開催
第13回目 : 2013年  9月26日 開催       第14回目 : 2013年10月10日 開催
第15回目 : 2013年11月15日 開催       第16回目 : 2013年12月  3日 開催
第17回目 : 2014年  2月  5日 開催       第18回目 : 2014年  3月14日 開催
第19回目 : 2014年  4月15日 開催       第20回目 : 2014年  5月27日 開催
第21回目 : 2014年  6月13日 開催       第22回目 : 2014年  7月17日 開催
第23回目 : 2014年  8月  1日 開催       第24回目 : 2014年  9月12日 開催
第25回目 : 2014年10月  8日 開催       第26回目 : 2014年11月15日 開催
第27回目 : 2014年12月  5日 開催       第28回目 : 2015年  2月  6日 開催
第29回目 : 2015年  3月31日 開催       第30回目 : 2015年  5月15日 開催
第31回目 : 2015年  6月12日 開催       第32回目 : 2015年  7月31日 開催
第33回目 : 2015年10月28日 開催       第34回目 : 2016年  1月26日 開催
第35回目 : 2016年  5月20日 開催       第36回目 : 2016年  7月20日 開催
第37回目 : 2016年11月15日 開催

 

セミナーに申し込む

 

【講師】日本アイ・オー・シー 代表 藤冨 雅則

代表取締役 藤富雅則業界トップを確実に受注し、その取引実績を元にして 短期間に大型取引先を次々に開拓する独自の販売戦略 「波及営業開拓法」を体系化した辣腕コンサルタント。 新商品開発専門のマーケティング会社を経て、ITベンチャーに転職。独自に編み出した、業界の上層部を確実に落とす営業手法により、数億円にのぼる同社の代表的な大型受注を数々受注し、株式公開(IPO)に貢献。 その独自ノウハウに磨きをかけWEB、DM等の反響営業の実績も加え「波及営業」のノウハウとして体系化。 「新たな販売の仕組みによって事 業を大きく成長させたい」「営業マンに頼らず”仕組み”によって売上増大を図りたい」「後 継者の事業継承後も安定的に成長する基盤を作りたい」…など、持続的な繁栄を目指す企業に独自ノウハウの導入コンサルティングを行う。

<主な著書>
book

<メディア掲載>

  • 日本経営合理化協会「ネット社長塾」社長のための「波及営業」導入法を連載
  • 月刊ビジネス雑誌【THE21】『売れ続ける営業術』特集に執筆
  • フジサンケイビジネスアイに執筆
  • 日本流通産業新聞に「新営業手法」を掲載
  • 経済産業省後援ドリームゲートコラム掲載【営業設計図の作り方】

その他メディアに掲載

セミナー日時・開催場所

タイトル 社運を賭けた商品の横展開を成功させる
【波及営業戦略】のたて方セミナー
日時 2017年3月10日(金)10:00〜17:30(9:45開場)
場所 機械振興会館 6F-61号 ※東京タワーの目の前です。
東京都港区芝公園3-5-8(地図)TEL.(03)3434-8211
<最寄りの交通機関>

  • 東京メトロ日比谷線…神谷町駅下車 徒歩8分
  • 都営地下鉄三田線…御成門駅下車 徒歩8分
  • 都営地下鉄大江戸線…赤羽橋駅下車 徒歩10分
  • 都営地下鉄浅草線・大江戸線…大門駅下車 徒歩10分
  • JR山手線・京浜東北線…浜松町駅下車 徒歩15分

<無料バス>
神谷町駅より無料送迎バスを運行しております。詳しくはこちらをご覧ください。
<お車でのご利用>
駐車場のご用意はございません。公共の交通機関をご利用下さい。

<費 用> 54,000円(税込) ※昼食のお弁当代を含む。

※ 2名以上、1名につき 40,000円(税込)
→2名参加の場合→ 80,000円
→3名参加の場合→120,000円

※完全返金保証制
※ セミナーを受講し内容にご満足頂けなかった場合は、全額100%返金を保証致します。

<定 員> 10名
※当セミナーはご希望者に限りセミナー後の無料相談を行っている関係上、少人数制セミナーとなっております。

 

セミナーに申し込む

お申込方法・お問い合わせ先

  • 下記のお申込フォームよりお申込下さい。 送信して頂くと自動返信メールにて確認メールが届きます。
  • お支払いは、セミナー開催2日前までにお願いしておりますので、メールまたは当社からのご請求書に基づき、お支払い下さい。

本セミナーが当社の本当の解決につながるのだろうか?いま現状の課題「●●」だが、本セミナーは役に立つだろうか?など参加申し込み前のご質問にもお答えしております。平日9時〜18時まで受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さいませ。TEL-03-5623-0188 ※土日・祝日は休日となります。

お問い合わせフォームからでも可能です。48時間以内にご返信致します。

こちらより

お申込フォーム

必要事項をご記入の上、送信してください

当ホームページは、安心してお申し込み頂ける様、セキリュティを強化しています。
パソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐ措置をとっております。
rapid-_ssl-img-270

*
*
*
*
*
※入力後、県名自動入力
*
*
ご参加者のお名前はコメント欄にご記入下さい。
セミナーをどちらで知りましたか?
  •  藤冨雅則のメルマガ
  •  藤冨雅則のコラム
  •  ダイレクトメール(郵送)
  •  ダイレクトメール(FAX)
  •  雑誌広告
  •  新聞広告
  •  Yahoo!(検索)
  •  Google(検索)
  •  その他検索エンジン
  •  知人の紹介※任意
  •  その他

送信ボタンの前に以下の承諾をお願いします。

個人情報保護方針について承諾する。

セミナー規約について

  • 返金について セミナー終了後にご申請頂ければ、3営業日以内にご指定のお振込先までお返金致します。
  • 領収書の発行について 基本的に銀行振り込みの控えをもちまして領収書の代わりとさせていただいております。 もし、別途領収書の発行が必要な方は別途メールでご依頼ください。
  • キャンセルについて お客様のご都合によりキャンセルをされる場合は、開催の7営業日前までに事務局までご連絡ください。 その際は、お預かりした参加費よりご返金にかかる手数料を差し引いて、ご返金させていただきます。それ以降のご返金は一切受け付けておりません。
  • 参加席の譲渡について お席の譲渡は可能ですが、その場合は必ず事務局までご連絡ください。