勝ち続ける事業戦略のたて方を共創します。

PHONE
03-5623-0188
OPEN/CLOSED
9:00〜17:30
ADDRESS
〒103-0025
東京都中央区
日本橋茅場町1-6-3
KTビル6F

営業マンの意識改革を成功させる最もシンプルな支援体制構築法セミナー

実例満載!
営業マンのやる気を奮い立たせる
最も簡単な営業支援とは。

セミナーに申し込む


個々、営業マンの能力と努力を最大限に引き出す支援体制の重要性について

 

MrFjitomi_lectured営業マン全員が、あいつ(トップセールスマン)のように売ってくれれば、世話はないのに…。

仕事柄、様々な業界の経営者から営業における相談を受けますが、ほぼ間違いなくトップが頭を抱えている課題の一つです。

普通の営業マンをトップセースマン並に…
いえ、そこまでは高望みしないまでも、営業マン全員があと2割、3割底上げしてくれれば、業績は簡単に高止まりしてくれます。

そのために、高い費用をかけて研修に出したり、社内の物議を押し切り成果報酬を与えたりと、様々な施策を打つものの…

のれんに腕押し。
ヌカに釘 状態となっているケースをよく耳にします。
これはある意味、当然のことです。

営業は、技術や経理などの仕事と違い、成果とスキルの因果関係が希薄だからです。
努力しても売上を上げ続けることができなけば、意識は100%元通りになります。

営業研修の効果が一過性で終わってしまうのも、ここに真の原因があります。

ましてや、成果報酬などを採用すれば、売れる営業マンだけが喜び、売れない営業は益々イジケるだけです。

逆効果を絵に描いたような現象。

20年間の営業現場経験とコンサルティングを通じて、そんなケースをあまた見てきました。

 

普通のセールスマンを、今よりも売ってもらうように仕掛けるには、これまでの常識を捨てて、発想の転換を図る必要があります。

と言っても、真新しい取り組みをする必要はありません。

組織の戦闘力を高めるための原理原則を忠実に守るだけです。
軍事戦略において、戦闘力は「武器」と「兵士数」によって規定されると言われています。

これは、そのまま営業戦略にも置き換えられます。

兵力の質ではなく、数が「戦闘力」に規定されるわけですから、営業マンの数を増やさずに売上をあげるには、「武器」の選定と強化が最も簡単に売上・利益に結びつくのです。

その営業における武器とは…
ずばり取引先インタビューを「問題解決型の事例PR記事」にすることです。

なんだ、お客様の声のことか…。
と思いましたか?

たしかに、お客様の声であることは間違いありません。
しかし、ここでお伝えしようとしている「問題解決型の事例PR記事」は、単なる感想文ではありません。

見込客が契約を検討にするにあたって、必ず通る「購買心理プロセス」の流れに沿って、取材班が意図的に“理想の答え”を引き出し、売れるトークにまとめ上げた「セールス文書」なのです。

 

jirei_pr

この「問題解決型の事例PR」を活用して…

  • ホームページに、このセールス文書を掲載すれば、受注確度の高い「問合せ」が急増し…。
  • ダイレクトメールに同梱すれば、反応率は最低でも2倍にあがり…。
  • 営業マンに持たせれば、受注件数が面白いほど上がっていきます。

ある意味当然のことです。

トップセールスマンの商談ロジックを「読ませるツール」に変換しているので、相手の興味を惹き付け、欲求を引き出し、受注に直結していくからです。

結果、営業マンの士気が、驚くほど簡単にあがっていきます。

これも、よくよく考えてみればアタリマエのことです。

  • そもそも強い興味をもった見込客が集るようになるので、受注が取れやすくなる。つまり営業マンは必然的に自信がつきます。
  • 取引先のインタビューは、自社商品を使った「利益」が鮮明にイメージできるように書かれているので、使命感をもって営業に取り組むことができるようになります。
  • 商談後に、見込客先で行われる社内会議に強力なセールスツールを潜入させることが出来るので、受注確率が飛躍的に向上します。

ただし、強力なツール(武器)が用意されても、そもそもの戦い方が間違っていれば、効果は期待できません。

営業における勝利の条件とは、「自社が有利に戦える市場に絞り込み、そこに兵力と武器を集中させていくこと」です。

集客・商談・プレゼン・クロージングに叡智が集まり始め、営業効率が飛躍し売上も急上昇していきます。

売上が急上昇すれば、社内が活気づき、売れる空気が充満していきます。

社員の意識を改革した結果、業績が向上する仕組みよりも、
売上があがった結果、社員の意識が変わり、さらに業績向上に拍車をかける方が自然の摂理に沿っています。

今回ご案内する2時間の講義は、その武器 – つまり「事例PR記事(問題解決型の事例PR)」を組織的に活用していく仕組みについて解説していきます。

 

セミナーに申し込む

※チラシ(FAX申込用)をダウンロードする。

講義の概要は以下の通りとなります。

  • 今後ますます厳しくなる営業マンを取り巻く環境変化に尻込みをさせるな。
    身体能力外部化時代〜原始脳外部化時代〜知的脳外部化時代の戦い方
  • 環境変化に逆らわず、順応しながら強くしぶとく売る体制づくりの基本とは。
    環境変化を顧客視点から捉え直すシステムをつくりあげる。
  • 売れる営業マンが、共通して使う「営業話法」をセールスツールに変換する
    売れる営業話法=第三者話法は、なぜ効果的なのか。心理学的アプローチから検証する。
  • 売らずとも売れてしまう「問題解決型の事例PR(武器)」のつくり方。
    売れる営業アプローチとして定評の高いニール・ラッカム氏考案のSPIN営業法をベースにして顧客インタビュー記事を制作する。
  • 「問題解決型の事例PR(武器)」をベースに、社内教育体制を作る。
    武器を使う訓練をすることで、勝負に勝つ本質を社内に浸透させる。
  • 自社が有利に戦える市場を明確に絞り、戦力を集中させる
    ライバルを寄せ付けず、儲かる市場が見つかる3つの条件とは
  • 「問題解決型の事例PR(武器)」を見込客接点に配備し、全体最適を図る。
    チラシ、パンフレット、ホームページ、提案書… トップダウンで組織横断的に、セールスツール(武器)を配備する。

これらの講義は、絵に描いた餅ではありません。
売上という成果をもたらしてきた効果立証済の「実務アプローチ」です。

 

実際、弊社のクライアント企業さんにおける営業支援体制づくりの結果では、あるカテゴリーで売上規模7倍までに成長した実績があります。

また、別の企業の新規市場開拓において、業界基準の10倍もの成果をあげた実例など、着実に成果に結びつけてきています。

 

業界もBtoBなら問いません。

システム開発会社、半導体評価装置メーカー、無線機器メーカー、食品メーカー、部品加工業、化粧品メーカー、サプリメントメーカー、印刷会社、宝飾品製造業、広告素材卸売業、健康機具メーカー、建材用品製造業などなど、様々な業種で効果を検証した「営業支援体制」です。

 

今後、ますます厳しくなる環境変化に備え、ひとりひとりの営業マンの力を効果的に発揮する武器の選定とその活用法を、ぜひ貴社でも参考にしてみませんか?

 

セミナーに申し込む

※チラシ(FAX申込用)をダウンロードする。

受講をお勧めする経営者または経営幹部の方

  • 業績のあがる企業体質を定着させたい社長または営業マネージャー
  • 成果のあがる新規開拓法を社内文化に浸透させたい社長または営業マネージャー
  • 営業マンの成績格差を縮めたい社長または営業マネージャー
  • WEBサイト、チラシ、DMなどの販促物の見直しを考えている社長またはご担当者
  • 新商品が売れずに困っている社長または営業マネージャー

【講師】日本アイ・オー・シー 代表 藤冨 雅則

代表取締役 藤富雅則 売れない現象を構造的に読み解き、売れる方向性を見つけ出す!と定評のある「営業戦略の立案と実行支援」を行うコンサルタント。
時には、クライアント企業と共に「飛び込み営業」を実施し、市場の生の声に触れ戦略のあるべき姿を見つけ出す。
実際の営業戦略は、自らが考案した「波及営業」に基づいて組立てる。
波及営業とは、①.自社に有利になる戦い方が出来る市場を3つのアプローチから磨き上げ、②.「あの企業が採用したらスゴい商品・サービスに違いない」という印象を与える影響力のある顧客を「みこし」に担ぎ、③その影響力を使って「拡販」させる戦略。
同営業戦略を用いて、3000台の不良在庫を4ヶ月で一掃し、2年で2万台越えの販売に成功したり、既存販路の活性化策では1年で売上7倍に拡大させるなど、成功実績は多数。これらの実例を著書「営業を設計する技術」にまとめ上げ、日経新聞ビジネス書ランキングでは2位を獲得した。

経歴は、23歳で弟子入りした「新商品開発専門のマーケティング会社」で市場の選別法を学び、ITベンチャーに転職。泥水をすするような営業現場に入りこみ、独自に編み出した業界の上層部を確実に落とす営業手法により、数億円にのぼる同社の代表的な大型受注を数々受注し、株式公開(IPO)に貢献。
その独自ノウハウに磨きをかけWEB、DM等の反響営業の実績も加え「波及営業」のノウハウとして体系化させた。

<書籍>
書籍-「営業」を設計する技術   書籍-ムリせず、ウソつかず1億売れた!!「営業トーク」

 

<メディア掲載>

  • 日本経営合理化協会「ネット社長塾」社長のための「波及営業」導入法を連載
  • 月刊ビジネス雑誌【THE21】『売れ続ける営業術』特集に執筆
  • フジサンケイビジネスアイに執筆
  • 日本流通産業新聞に「新営業手法」を掲載
  • 経済産業省後援ドリームゲートコラム掲載【営業設計図の作り方】

その他メディアに掲載

 

セミナーに申し込む

※チラシ(FAX申込用)をダウンロードする。

セミナー日時・開催場所

タイ
トル
営業マンの意識改革を成功させる最もシンプルな支援体制 構築法セミナー
日 時 2016年5月20日(金)18:30〜20:30(2時間)
場 所 汐留コンファレンスセンター
ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留《会議室7.8》
東京都港区東新橋1-9-2 (汐留住友ビル内)(アクセス)TEL.03-3569-2341
<最寄りの交通機関>

「汐留駅」徒歩1分
都営大江戸線
ゆりかもめ「新橋駅」徒歩6分
JR山の手戦
JR京浜東北線
都営浅草線
東京メトロ銀座線※汐留シオサイトは地下歩道が充実。「新橋」駅からも雨に濡れずにお越しいただけます。

<お車でのご利用>
駐車場あり(汐留住友ビル内B1F)1時間600円。
費 用 5,000円
定 員  30名

 

 

 

セミナーに申し込む                                      

※チラシ(FAX申込用)をダウンロードする。

お申込方法・お問い合わせ先

  • 下記のお申込フォームよりお申込下さい。 送信して頂くと自動返信メールにて確認メールが届きます。
  • お支払いは、セミナー開催7日前までにお願いしておりますので、メールまたは当社からのご請求書に基づき、お支払い下さい。

本セミナーが当社の本当の解決につながるのだろうか?いま現状の課題「●●」だが、本セミナーは役に立つだろうか?など参加申し込み前のご質問にもお答えしております。平日9時〜18時まで受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さいませ。TEL-03-5623-0188 ※土日・祝日は休日となります。

 

お申込フォーム

  • 2016年5月20日(金)18:30〜20:30 <東京 ・汐留>
  • 参加費5,000円(税込) ※お振込にてお願い致します。

必要事項をご記入の上、送信してください

当ホームページは、安心してお申し込み頂ける様、セキリュティを強化しています。
パソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐ措置をとっております。
rapid-_ssl-img-270

*
*
*
*
*
※入力後、県名自動入力
*
*
ご参加者のお名前はコメント欄にご記入下さい。
懇親会
  • 参加する
  •  【時間】 17:30〜19:30
     【会場】 近隣の居酒屋(場所は当日お知らせ致します)
     【会費】 5,000円(当日、現金にてお支払いください)
     

  • 参加しない

  

セミナーをどちらで知りましたか?
  • 藤冨雅則のメルマガ
  • 藤冨雅則のコラム
  • ダイレクトメール(郵送)
  • ダイレクトメール(FAX)
  • 雑誌広告
  • 新聞広告
  • Yahoo!(検索)
  • Google(検索)
  • その他検索エンジン
  • 知人の紹介※任意
  • その他

送信ボタンの前に以下の承諾をお願いします。

個人情報保護方針について承諾する。

※個人情報保護方針のチェックを入れないと送信できません。

セミナー規約について

  • 領収書の発行について 基本的に銀行振り込みの控えをもちまして領収書の代わりとさせていただいております。 もし、別途領収書の発行が必要な方は別途メールでご依頼ください。
  • キャンセルについて お客様のご都合によりキャンセルをされる場合は、開催の7営業日前までに事務局までご連絡ください。 その際は、お預かりした参加費よりご返金にかかる手数料を差し引いて、ご返金させていただきます。それ以降のご返金は一切受け付けておりません。
  • 参加席の譲渡について お席の譲渡は可能ですが、その場合は必ず事務局までご連絡ください。